40代の妊娠が増えている。40代の妊娠のリスクとは?

最近は晩婚のせいで妊娠も遅くなっている傾向があります。
数年前に比べると40代で子供を持つ方が多くなっています。

だから、40歳を過ぎても妊娠できると考えている方が多いと思いまが
現実にはどうなのでしょう。
芸能人や外国人アーチストなど40歳をすぎて
妊娠したという報道をされていることが多いのも現実です。

しかし不妊治療をしても妊娠する確率は増えているわけではないようです。
それに、40代を過ぎると流産の確率も高くなるし、染色体異常や
遺伝子異常などのリスクも高くなってきます。
そのためダウン症の子供が生まれるリスクも高くなるのです。

母体となるお母さんの体に与える負担も若い頃に比べると
大きくなるのです。

40代になるといろんなリスクが増えてくるのは現実のようです。
それでも妊娠したいという方はまずは不妊外来のある産婦人科で
診てもらうようにしましょう。
ご主人と共に受診することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。