小学生のワキの臭い対策。ワキ毛を処理してしっかり保湿

小学生の女の子がいる親御さんは何かと悩み事がつきませんよね。
うちにも小学4年生の娘がおりますが最近ワキ毛やアンダーヘアーが
生えてくるようになりました。

学校でプールや体育の着替えの時に
ワキ毛が見えちゃうと嫌な思いをしているようです。

小学4年生は成長のスピードに個人差があって
うちの子は早い方なので、ほかの子と違う
自分の体の変化に戸惑っているようです。

そんな時はやはり母親がきちんと教えてあげることが
大事ですよね。

ワキ毛の処理は夏場は特に気にしますけど、
大人でも冬になったら疎かになってしまう事ありませんか?

だけど冬場もきちんと処理しないと臭いの原因になってしまうようです。

その理由は脇にアポクリン汗腺と言う汗を出す線があり、
ここから出る汗は少し臭いがあります。
それは汗にタンパク質や皮脂が混じっているからです。

アポクリン汗腺から出た汗は脇の下に雑菌があると
繁殖し、更に臭いは増します。

脇の下の雑菌はワキ毛の根元に貯まりやすいようです。

だから、脇の下はいつも清潔に保ち、
ワキ毛を処理する事は臭いを出さないためにも必要なことです。

さらに必要なことはワキ毛の処理後は保湿をすることです。
乾燥した肌は雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

ワキ毛の処理は女性のエチケットとして必要なことです。
そのことを娘にもしっかり教えてあげようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。